• メンタルケア

忙しい旦那様も「妊活したく」なってしまう!お願いのコツ【vol.1】

中村 あや先生

中村 あや先生

みなさん、こんにちは。
不妊カウンセラーの中村あやです。

不妊やご夫婦生活のご相談の中でも、深刻な夫婦仲に影響してしまうものが「男性と女性の温度差問題」です。

「夫が忙しくて話を聞いてくれません・・・」
「LINEは既読スルー。お酒を飲んで帰ってきて忘れられていた、つらい」
奥様側が不満気味といったことが多くあります。

一方で、旦那様たちは「一方的に叱られたりアドバイスされてもわからない。余計に帰りたくなくなる」と愚痴を言われています。

では、お互いに何かをうまく伝えたい時、〝お願い〟をしたいとき、
相手をうまく動かすにはどんなコツがいるのでしょうか?

本日は、相手を気持ちよく動かす、効果的な伝え方についてお伝えしていきますね。

パートナーは信じて頼れる相手。まずは、ありがとうを大事にして

これまで多くの男女、子供が欲しいと願うカップルにたくさんお会いしてきました。
「排卵日にタイミングをとる」というファーストステップ、妊娠しない場合は「病院に行く」というセカンドステップ、その次は「治療のステップアップ」など、段階ごとに「相手に伝える」「理解してもらう」ことが難しいですと言われる方が多いと痛感しました。

しかしここで無理に(独りよがりで)治療を進めてしまうと、その時はわかってくれたように見えていても、「実は・・・自分はこんな風に思っていた」と、意見のすれ違いが出てきたり、「ずっと我慢をして言えなかった」などと、お子さんを授かってから〝まさかの本音〟が出てしまったり、夫婦関係がぎくしゃくしたり、最悪のパターン離婚問題にまで発展・・・というケースに至ることがあります。
不妊治療後に離婚するご夫婦は実際多いのです。

でも、普段からコミュニケーションがうまく行っているカップルは、つらい治療も支えあいながら歩んでいきやすいです。

つまり、日頃からの夫婦の会話コミュニケーションこそ、〝幸せな〟妊娠出産に重要です

そのベースがあって、向き合って真剣に話ができたり、価値観をぶつけあえたりするのです。

もしも、旦那様が「まだ体外受精治療はなんて要らない」と思っていたとします。

しかし、現在あなたの年齢が40歳で「1年以内に妊娠したい」と焦っていた場合、そのことを理解して受け入れてもらいたいですよね。スムーズに一緒に不妊治療に取り組み、そこからまたずっと一緒に支え合って2人で子育てにとりくめることがのが理想なのではないでしょうか。

少しいまの2人の関係を振り返ってみてくださいね。

ありがとうの気持ちを持って「感謝」できているでしょうか?
いつもお互いに本音で会話できているでしょうか?

もし、〝できていない・・〟という人は、
簡単なことですが、そこからはじめていきましょう!

労いの言葉を伝える、お互いのいいところを認めて、褒めあいましょう。

「なぜ一緒にいたいのか」
「なぜ、子供が欲しいのか」
根本にある相手を大好きな気持ちを忘れないように。

そして、かっこつけずに弱みをもさらけだして下さい。

相手を頼ってください。

「信じて、頼る」それが、信頼関係です。

 

次回に続く

この記事が役に立ったらシェアをお願いします!!
中村 あや先生

中村 あや先生

日本不妊カウンセリング学会・学会認定不妊カウンセラー 広告やメディアに携わるOL時代に女性の心身やライフスタイル・キャリアシフトに問題意識を持つ。生殖医療を0から学び、不妊当事者支援、タイ式セラピスト、ライターなど活動。性の悩み・夫婦生活・不妊治療相談。どんな選択肢を選んでも、”自分らしく輝ける“あなたをサポートいたします。