• メンタルケア

自己嫌悪から抜け出す方法・不妊治療中のメンタルケア

今井さいこ先生

今井さいこ先生

不妊治療中に感じる”自己嫌悪”との付き合い方

こんにちは。

心理カウンセラーの今井さいこです。

不妊治療中に子どもを見ると胸がざわついたり、友人からの妊娠・出産報告を素直に喜べなかったりすると、「私はこんな嫌な人間だったんだろうか?」「こんな私だから赤ちゃんが来てくれないんだ」と自己嫌悪に陥る方がいます。

周囲との関係からだけではなく「我慢していたお酒を飲んでしまった」「甘いものがどうしても止められない」など自分の意志の弱さが自己嫌悪につながる方もいるようです。

「いやな自分」を受け入れるのは難しいですよね。

不妊治療中に自己嫌悪に陥るようなことがあったらどのようにメンタルケアをすればよいのでしょうか。

自己嫌悪とは・・・?

皆さん、日常の中でも「自己嫌悪」という言葉を使うことがありますよね。

自己嫌悪という感情は,「客観的事実はどうであれ、否定的な感情や事象が自分自身に由来するとし、自分が自分自身のことをいやだと感じること」と定義されています。(*1)

つまり、不妊治療中に友人の妊娠報告を快く思えないことが本当に嫌な人間かどうかはともかく、その感情の原因を作っているのが自分であると思っているので自分を嫌だと感じてしまうのです。

「自分が嫌い」、この状態が長く続いたら自分を通して見える世界すべてが嫌いになっても不思議ではないですよね。

この自己嫌悪の感情から抜け出すためには、どのようにメンタルケアをすればよいのでしょう。

自己嫌悪の感情から抜け出すために

自己嫌悪の感情から抜け出すためには、自分を否定する感情としっかり向き合うことで自己嫌悪にプラスの意味づけをすることができ、抜け出すことができるようになります。

自分を否定する感情としっかり向き合う

では、「自分を否定する感情としっかり向き合う」とは具体的にどういうことでしょうか。

自分が感じている感情を直視し、「私は、今〇〇についてとても否定的な感情を持っているんだ」と客観的に理解することです。理解した事実について“良い/悪い”の判断はしません。

ただそう理解する、ということが大事なのです。

これだけでも自己否定の気持ちから解放され、冷静な状態になるため、心が楽になります。

その状態になってから、「なぜ否定的な感情がわいてきたのか」について自分に問いかけてみてください。理由が分かることで自己理解につながり、次にまた同じような状況が起きたときに「自己嫌悪の感情」を冷静に受け止めることができるようになります。

そうできると、自己嫌悪の感情が沸いてもストレスにならないので、気持ちが楽になりますよね。

ネガティブな感情も「善」として扱う

自己嫌悪、自己否定、などネガティブなワードを含む感情を人は「悪」として捉えがちです。

でも、人間は感情の生き物ですから、いつもポジティブな感情だけを持つことは不可能です。

ネガティブな感情があってこそ、バランスが取れていると言えます。

なので、ネガティブな感情を「悪」と捉えるのではなく、自分の一部として受け止めるようにしましょう。

どうしても自己嫌悪の気持ちが強いときには、口に出して「こんな感情を持つ私は人間らしい」と言ってみましょう。

少し気持ちが楽になりますよ。

【参考文献】

*1:水間玲子1996a自己嫌悪感尺度の作成教育心理学研究,44,296-302.

 

この記事が役に立ったらシェアをお願いします!!
今井さいこ先生

今井さいこ先生

心理カウンセラー/認定心理士/睡眠指導者 高校生の時「環境が心へ与える影響」に興味を持ったことから、大学で心理学を専攻。臨床心理学を中心に認知心理学、知覚心理学、行動心理学、生物心理学、発達心理学を学ぶ。その後、社会人としてベンチャー企業に勤める傍ら、心理カウンセラーとしての勉強と実践を積み、2009年より女性向けの個人カウンセリングを開始。自身の妊活経験から「妊活中も日々の生活を楽しく充実したものにしたい」と感じたことから、2013年より妊活女性・ご夫婦向け心理カウンセリングを開始。現在は、妊活~育児中の女性を対象に「メンタルケア×アクティブスリープ」による心と体、両面からのアプローチで悩みを解決するためのサポートを行っている。体外受精を経て2児の母でもある。