• ヘルスケア
  • 未分類

日本の不妊治療は、本当に世界一成功率が低いの?

川口 優太郎先生

川口 優太郎先生

日本は世界一の不妊治療大国で、世界一成功率が低い?

不妊治療を受けられている患者様の中には、もしかしたらすでに目にされたという方もいらっしゃるかと思いますが、先日とあるニュースサイトでこんな見出しの記事が掲載されていたのをご存知でしょうか?

『日本は世界一の不妊治療大国で、世界一成功率が低い』

記事の内容としては、日本の体外受精治療周期数はアメリカと比較して約1.5倍、ドイツ、フランス、韓国などとの比較では約3倍にもなり、世界で一番治療周期数が多いこと。その一方で、治療による出産率はアメリカの1/3程度で、世界で最も低い数値であるとのことでした。

この記事だけを読むと、「ふ~ん。日本の不妊治療って確率が低いんだ。つまり日本で治療を受ける時点で損をしているのでは‥‥」となってしまいそうですよね?

確かに、数字の上だけではその通りかもしれませんが、このデータをそのまま鵜呑みにするのはちょっと待ってください。

今回は、このデータのカラクリを解き明かしながら、『日本は世界一の不妊治療大国で、世界一成功率が低い』の真実をお伝えします。

日本において不妊治療の成功率が低い2つの理由

不妊治療が成功するか否かには様々な要因が影響するため、日本の不妊治療成功率が低い原因というのも複数存在する可能性があります。なかでも、次の2つは大きな原因と考えられています。

日本における不妊治療患者の年齢は比較的高齢

日本が不妊治療大国で成功率が低いという理由のひとつに、年齢が考えられます。

先ほどの記事の中では触れられていませんでしたが、実は世界的に見ると、日本で不妊治療を受けられている患者様の年齢層は他国と比較して約1~4歳程度高齢です。

近年、日本では女性の社会進出が活発になっていることで、妊活、あるいは不妊治療を開始する年齢が、ここ数年で飛躍的に引き上げられているという社会的な背景があります。そのため、妊活や不妊治療を開始したのが40代からという方も非常に多く、すでに妊娠・出産適齢期を過ぎてしまっているという方も少なくありません。

年齢は不妊治療の結果に大きな影響を与えます。

不妊治療を行った場合、一度の治療周期で赤ちゃんを授かる確率は以下の通りです。

20代から34歳…約20~30%半ば

35歳から39歳…15~20%程度

40歳から42歳…5~10%

43歳以降…1%未満

つまり、日本の不妊治療の成功率が低い理由のひとつは、他国と比較して治療を受けている患者様の年齢層が高いことに関係しているのです。

実際、年齢というバイアスを無くして(※35歳以下のみ)検証した場合、日本の不妊治療成功率は他国と比較しても相違はほとんどありません

また、高齢の患者様(※43歳以上のみ)で、ドナー卵子などの症例を排除して検証した場合には、不妊治療の成功率(※移植後の胎嚢確認まで)はむしろ他国よりもやや高めといえます。

日本人は生殖に関する知識が乏しい

日本が不妊治療大国だと言われる理由がもうひとつあります。

それは、日本人が他国と比較して、妊娠など生殖に関する知識が顕著に少ないという点です。

2013年にヨーロッパの生殖医療専門ジャーナルであるHuman Reproductionに掲載された研究によると、先進国の中でも日本人はとりわけ生殖に関する知識が乏しく、途上国と比較しても知識量が極めて少ないという結果が示されています。

妊娠と不妊に関するクイズ

たとえば、皆さんはこんな質問に正しく答えられるでしょうか?

さてどうでしょうか?皆さん分かりましたか?

答えは、すべて[×]です。


A1.一番妊娠しやすいタイミングは排卵日の2日前であることが先行研究より示されています。
A2.精液検査を行う際には、2~3日間の禁欲期間の後に行うことが推奨されています。禁欲期間が長いと、精子の運動率の低下や染色体(遺伝子)に損傷を受けた精子が増えることが示されています。
A3.体調や心の状態によっても体温が変化することがあります。また、毎日同じ時間に計測するという煩雑さから、最も適したツールとは言い難いです。
A4.現在の生殖医療では不妊に関して解明できていないことも多く、検査をしても不妊の原因がはっきりわかる確率はやく50%程度と考えられます。明らかな原因がみつからないケースは多々あります。


不妊治療中の人にとっては簡単に思えるかもしれませんが、このような質問にすべて正しく答えられた日本人は、約3割程度しかいなかったという研究結果があります。

  • このような生殖に関しての正しい教育が行き届いていないこと
  • ネットなどに上がっている間違った情報を信じてしまっていること
  • さらには、そもそも生殖に対する無関心

日本においては、上記のような課題が結果的に治療開始年齢の高齢化を招き、不妊治療を受ける患者様を増加させている要因であると考えます。

妊娠/出産ともに適齢期がある

女性には妊娠・出産適齢期というものが存在します。

簡単に言えば、母体・児ともに健康的に妊娠から出産までを迎えることができる年齢のことです。20歳前から40歳前後までが妊娠に適した時期ではありますが、妊娠による合併症なども鑑みると、妊娠に最も適しているのは25歳~35歳ぐらいという専門家もいます。

ファミリープランニングを専門に行っている団体が、2015年に10代後半から20代の女性を対象として行ったアンケート調査によると、妊娠・出産適齢期という言葉自体を知らない・聞いたことが無い、あるいは自分に当てはめて考えたことがないという女性が合わせて70%近いというデータが示されています。

昔に比べて女性が社会でも活躍するようになった今、一定のキャリアのためには結婚や妊娠よりも仕事を優先する時期があったり、社会人として自立した生活を送ることができるようになるまでに一定の時間がかかったりと、以前に比べれば結婚や妊娠の時期が遅くならざるを得ないのが日本での女性の実情です。このままでは、日本が世界一の不妊治療大国で世界一成功率が低いという不名誉な称号はまだまだ付きまとうのかもしれません。

確かに数字の上では記事の内容には間違いありません。しかし、

  • 女性が今よりも若いうちから仕事だけでなく自分の人生の将来に意識を向けること
  • 具体的には、いつまでに結婚して、いつまでに子どもを産むのか

このような計画的なライフプランニングをしっかりと行う女性が増えていけば現状は大きく変わっていくのではないでしょうか?

ベビmatchを利用する

 

この記事が役に立ったらシェアをお願いします!!
川口 優太郎先生

川口 優太郎先生

埼玉医科大学を卒業後、総合病院勤務を経た後に、国際基督教大学(ICU)大学院博士前期課程へと進学。アーツ・サイエンス研究科にて生命科学を専攻。大学院修了後は、加藤レディスクリニック(新宿区)に勤務。同クリニックの系列病院となった中国上海永遠幸婦科医院生殖医学センターへ出向し、病院の立ち上げに携わるとともに、現地スタッフの育成・指導や培養室の運営などを行う。その後、2018年に東京都渋谷区に新規開院となった桜十字渋谷バースクリニックに培養室の立ち上げスタッフとして赴任。培養室主任を務め、指導要領の作製や培養室の運営管理とともに、生殖医療関連のセミナーにて講演を行うなど、精力的に活動。2020年に、総合的な妊活サポート行うリプロダクティブサポートファーム東京を設立し、代表に就任。